スキップしてメイン コンテンツに移動

2月20日店休日のお知らせ。今の季節のおすすめ漢方情報も添えて。

 寒暖差があり、体調を崩される方が多く見えられます。


東洋医学では、気の中の身体をガードする働きの「衛気」

を強くすると、予防できると言われております。


生薬では「オウギ」

漢方処方では玉屏風散(ぎょくへいふうさん)

がよくつかわれます。

花粉の季節にもよいですね。


日本では「衛益顆粒」という処方がほぼ同じです。


2月20日はサザンモール店休日のため三潴薬品も

お休みです。

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

コメント

このブログの人気の投稿

40歳以上の方の卵子の質について。

 お盆すぎでも、暑い日がつづきますね。 皆様、いかがおすごしでしょうか? 今月も漢方で生まれましたとの声を 数名いただきました。 漢方で妊娠された方から卵子の質についての質問を 最近よく受けますので そのお話を。 ◎40歳以上になると卵子の質がわるくなるのか? お客様の不安要素  質の悪い卵子で妊娠すると  「流産しやすくならないか」  「障害児がうまれないか」  など悩まれる方も少なくありません。  たしかに20代に比べると、受精しない卵子の数は  多くなります。   けれども・・・   妊娠、出産まで乗り越えた卵子は良い卵子だと   思います。   自信を持たれてくださいね。    

AMHがほぼ0の方の妊娠報告を受けました。

 久しぶりの更新となりました。 不妊治療の保険適応の適応幅も当初に比較すると 改善され様々な治療が受けられるようになってきましたね。 治療にあたり指標となるAMHという値。 年齢とともに少なくなりますが、まれに20代や30代前半でも 値が少なく悩んでいらっしゃる方がおられます。 採卵がうまくいけば、価はあまり関係はないとは言え 不安ですよね。 そんな中、AMH0.2ng/mlの41歳になる方の妊娠出産の報告を 受け、とてもうれしかったです。 漢方薬を数種類服用しながら顕微授精4回目で無事妊娠されました。 基本は子宮内の血を調節する補血活血の漢方 卵子の発育を促す補腎陰陽の漢方 月経時に痛みを楽にする漢方 卵胞期に卵子の発育を促す漢方をプラス 2年ほど服用されました。

33歳の方の妊娠報告を受けました。

 Kさんの許可を得て掲載しております。 年齢33歳 結婚5年経過しても授からず。 婦人科でホルモン剤服用。 高温期が9日未満(9日以上でないと無排卵の可能性) やせ型、顔面青白。 周期はホルモン剤服用中は28前後。 飲まないと40~50日。 生理期間は6日くらい。 量はかなり少なくナプキンに少しつく程度。 たまに小さい黒い血塊がでる 足のむくみがおきやすい 舌色は暗め、瘀班少し(瘀血)、潤(冷え) お腹の冷感ある。便秘。 陽気不足(温める力が足りない)瘀血(巡り悪い)と気血両虚 を考えました。 温める附子の入った漢方、当帰や人参の入った漢方を服用してもらい ました。 服用3ヶ月後 高温期が11日になった。生理量は少し増えたがまだ少なめ。 少し当帰の量が多い漢方に変更。 変更後2ヶ月半ほど経過 妊娠報告をうけました。 おめでとうございます。