2018年7月9日月曜日

大雨が過ぎ暑くなりました。 原因不明の不妊について


広範囲に被害を及ぼした大雨も落ち着き

一転、猛暑となりました。

当店の駐車場も冠水し、車の移動がやや大変でした。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

夏になり、妊娠出産のご報告を多く受けます。

皆様、おめでとうございます。



今回は、最近解明されている、原因不明不妊と慢性子宮内膜炎

の関係について記しました。ご参考ください。



何度も流産を繰り返したり(習慣性流産)

体外受精治療で何度も良性胚を移植しても妊娠しなかったり
(反復着床不全)

することがあります。

今までわからなかった不妊の原因の1つとして

最近、『慢性子宮内膜炎』が注目されています。

『慢性子宮内膜炎』は

子宮内膜に免疫異常が長期間にわたり起きている状態です。

どんな免疫異常かというと

すこし難しいことばとなりますが

『形質細胞(血液細胞の一種(Bリンパ球)から分化した細胞)』

の浸潤を伴う慢性の炎症の状態です。

不正性器出血や骨盤痛、性交痛、おりものの変化などを伴わないので

いつ、どうやって発症したかは分かりづらいようです。


『慢性子宮内膜炎』に罹っている女性の割合は

一般的な女性では0.8~19%ですが

妊娠出産まで至りにくい女性においては30~35%

習慣性流産や反復着床不全の女性では

それぞれ30~66%という報告があります。

主な原因の一つに子宮内膜の細菌感染が考えられています。

チョコレート嚢腫や内膜ポリープなどがあると

「形質細胞」の出現が見られることも報告されています。

(診断方法)

「形質細胞」のマーカーであるCD138の免疫染色をもとに

子宮鏡で子宮内の浮腫や肥厚、発赤、マイクロポリープを観察したり

子宮内膜の細菌を培養したりして、診断されます。


(治療)

細菌の存在があった場合は抗菌剤が処方されます。

しかし、慢性子宮内膜炎の病態、原因、治療法は

まだ未解明な部分が多いです。

~以上 健康PLUS Vol.31 より抜粋させていただきました。 


漢方薬では、清熱解毒薬を処方したり、免疫を調節するシベリア霊芝

やショウキt-1を使用する例が多いようです。



2018年6月21日木曜日

雨あがりは、蒸し暑くなりますね。妊娠のご報告を立て続けに受けました(^^♪

こんにちは。

昨日より、雨が多く降っています(筑後地方)が

雨あがりの蒸し暑さが身体にこたえます。


さて、今月もバタバタしていまして更新が久しぶりに

なりました。

妊娠のご報告を立て続けに受けました。

大変うれしく思います。


31歳、42歳、38歳、36歳、35歳のお客様で



長い方は約2年、短い方は約2ヶ月と幅はありますが

みなさま、おめでとうございます。

出産まで月日は長いのですが、かわいい赤ちゃんと

めぐり逢えるまで、サポートさせていただきます。



その中での症例を一つ


ご来店時の年齢41歳。

最初のお子さんはすんなりと自然妊娠し幼稚園児になっています。

最近は生理周期がだんだん早まり24~26日に、

生理痛があり、塊も出ます。

月経前症候群(PMS)が強く、

お腹が張る・気持ち悪い・イライラもありました。

手足が冷え、 40歳を過ぎているので高齢妊娠の不安もありました。

2年前に初期に流産し、その後はお二人目がなかなか授からずに

漢方治療を始めました。

周期療法で月経期に子宮内膜を綺麗にお掃除する目的で

血の巡りをよくする漢方と気の巡りをよくする漢方を

卵胞期に良い卵胞を育てるために生命力をサポートする漢方を

排卵期にスムーズな排卵を促すために

気血の巡りをよくする漢方を

黄体期にPMS改善の漢方と生命力をサポートする漢方を2種類

全周期に血の道を整える漢方でホルモン分泌を手助けしました。

生理周期がだんだん早まるのは年齢的に腎陰不足が考えられましたので

全周期に腎陰を補う生命力をサポートする漢方を加えました。

※腎陰は卵胞ホルモンと深いかかわりがあるとされます。

漢方薬服用を1年間頑張り、体外受精の準備をしようかなと言うとき

自然妊娠されました。

最近は40歳を過ぎて妊娠を希望する方が増えてきました。

年齢よりも卵巣の年齢が重要です。

漢方薬で卵巣を元気にし、睡眠・食事・運動の

バランスをよくすれば、希望はあります。



2018年5月9日水曜日

梅雨と不妊の関係について


今日は、数日ぶりにお天気がよくなり

過ごしやすい気候になりましたね。

梅雨入りがもうすぐですが


毎年梅雨の時期になると


「生理周期が乱れた」
「安定していた基礎体温が変化した」
「生理が遅れている」

というご質問やお問合せが増えます。



『梅雨と不妊』の関係について。


1.気温の変化と自律神経

梅雨時期は湿気が多く気温も上がります。
すると暑くて眠りが浅かったり、ムシムシして不快だったりします。

また、冷房の効いている部屋では急に冷やされて寒くなったりと
寒暖差が激しくなります。

それは自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経は一度乱れると、どうしても繰り返しがちになり、
交感神経が優位な状態になります。

自律神経が乱れ交感神経が優位になってくると、肩こりや首こりなど、
本来持っていたものの痛みが強くなる傾向があります。

他にも、頭痛や脚のむくみが気圧に関係することは科学的に実証されています。


梅雨の時期は気圧の変化が激しいので、痛みやむくみを感じやすくなります。


コリや痛み、むくみは気持ちにも大きな影響を与えます。
気分が沈みがちになり、イライラを増幅させます。

そして、この状態は自律神経が乱れている状態。

自律神経が乱れるとホルモンバランスも乱れます。


その結果、生理周期や基礎体温に乱れが生じるのです。

自律神経とは意思に関係なく各気管に作用する神経で、
活動しているときやストレスを感じたとき優位になる交感神経、
リラックスしているときに働く副交感神経


の2つがそれぞれのバランスを保ちながら、体の働きをサポートしています。

ダルさを感じたりやる気が出ないときは副交感神経が優位な状態です。


交感神経を活発にする次のような工夫でアクティブになりましょう。

交感神経を活発に

・目覚めに1杯の水を飲む
・朝日光を浴びて、外気に触れる
・ストレッチをする

逆に、わけもなくイライラしたりなかなか寝付けなかったり
するときは、交感神経が優位な状態。



リラックスし、副交感神経が優位になるようにしましょう。

副交感神経を活発に

・ぬるめの湯船にゆったりとつかる。半身浴をする
・リラックスできる音楽を聞いたり、ハーブティーを飲んだりする
・スマートフォンやパソコンを長時間見ないようにする


2.高い湿度と気圧の低下で血流が悪くなる

梅雨の時期は梅雨前線の影響で湿度が上がり気圧が低下する日が多くなります。

湿度が上がり気圧が低下すると血管が膨張し血流が悪くなります。

その結果、血行不良によって酸素やホルモンが卵巣や子宮に
うまく行き届かなくなるのです。

それが、生理周期や基礎体温の乱れを引き起こすのです。

快適に過ごすためにできること

まずは湿度を下げることが先決。

除湿器やエアコンの除湿機能を利用して、室内の湿気を除去しましょう。


暑さに耐えかねてつい冷房を入れたくなりますが、
体が冷え過ぎるのを防ぐため、除湿機能でガマンしてくださいね。

雨が止んだすきに窓を開け、空気の入れ替えをするのも効果的です。


3.体内の余分な水分

湿度が高いと発汗作用がうまく働かなくなり、体内に余計な水分が
溜まりやすくなります。

妊活の大敵であるむくみを引き起こしたり、食欲不振を
招いたりするほか、頭痛や倦怠感の原因にもなります。

快適に過ごすためにできること

体内に溜まった余計な水分を排出するには、水分代謝を
よくしてあげる必要があります。

・適度な運動をして汗を流す
・夏野菜やお茶など利尿作用のあるものを口にする
・冷たい飲み物を飲みすぎない
・常温以上の水分をこまめに摂る
・エアコンに頼り過ぎず、扇風機なども取り入れて暑さをしのぐ



・たんぽぽ茶ショウキT-1を飲む

たんぽぽ茶ショウキT‐1には毛細血管を拡張させ腎機能を高め
利尿作用を促進する働きがあります。


4.1年で最も冷える時期?

妊娠力の大敵は「冷え」ですが、梅雨の時期は自覚症状の
あるなしにかかわらず、1年の内で最も冷えている時期とのデータがあります。
なぜでしょうか?

1.水分代謝が悪くなる

特に梅雨は湿度が高いのせいで、皮膚呼吸がしづらく汗が出に
くくなるので体内の水分の代謝が滞りがち…
その結果身体に余分な水分が溜まります。

その水分が冷えを引き起こすのです。

2.気温の変化についていけない

蒸し暑いかと思うと雨が降って肌寒くなる…

それが梅雨の気候の特徴です。
このような気温の変化に身体がついていかず冷えを引き起こします。

また、エアコンをかけ始めたり薄着をし始めたりする時期
でもあり、つい油断をして身体を冷やしてしまいます。

以上の原因を踏まえて、梅雨時に妊娠力を低下させないため
には下記のような習慣をとりいれてくださいね。

自律神経を整えるため、夜更かしは避け十分な睡眠を。

ヨガやストレッチなどで血行を促しましょう。

半身浴やウォーキングで適度に汗をかき、血行を促しましょう。
(水分・塩分の補給も適度に)


靴下・腹巻は必須です。ただし頭部やうなじは冷やしましょう。


天候や気温に合わせ、上着やスカーフで小まめに体温調整を。


甘いお菓子はできるだけ控えて、梅雨の時期に良い食べ物を食べましょう。


梅雨の時期に良い食べ物

みょうが・大葉・梅干し・ジャスミンティー・桃・さくらんぼ
冬瓜・とうもろこし・金針菜・ハモ・大豆・空豆・小豆


長くなりましたが、ご参考ください。

2018年5月8日火曜日

雨で冷えますね。子宝と検査値について。

今年は、梅雨入りがはやいようで、それを思わせるように

雨が降りつづいています。

雨が降るとやはり、冷えますね。

体調を崩さないように、暖かいものを食べて体調管理しましょう。


今日は、妊娠にかかわる検査数値について記しました。


「なかなか子供が出来ないなあ」と思ったときに、まずは病院で検査

をする、という方も多いのではないでしょうか。

そんな中でも、わかりにくい血液検査について記しています。

血液検査では、血中のホルモン値を測定します。

①月経開始日から3~7日後

黄体化ホルモン(LH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、プロラクチン(PRL)

エストラジオール(E2)、プロゲステロン(P4)、テストステロン(T)

②着床期(排卵から7日目)

エストラジオール(E2)、プロゲステロンン(P4)

を評価する場合が多いようです。

また、甲状腺機能障害の有無を調べるために、甲状腺刺激ホルモン(TSH)

の検査をする場合もあります。

各検査正常値のおおよその目安は下記のとおりとなります。

LH‥1.8-7.0(mIU/ml)
FSH‥5.2-14.4(mIU/ml)
PRL‥2.4-8.1(ng/ml)
T‥0.2-0.8(ng/ml)
E2‥卵胞期(低温期)は50pg/ml以下、黄体期(高温期)は100pg/ml以上
P4‥卵胞期(低温期)は1ng/ml以下、黄体期(高温期)は1ng/ml以上

これら数字が意味することは非常に複雑であり、

例えばLHが高いから、漢方がなにがよいということは言えません。

ただし、比較的考えやすい数値と漢方の関係について

以下に述べてみます。

< PRLが高い>

高プロラクチン血症と呼ばれます。

漢方的には「気滞(きたい)=気の巡りが悪いこと」の場合が多く、


炒麦芽(いりばくが)などの生薬が良く使われます。

理気薬とよばれる、柴胡などが入った漢方と併用することもあります。


<FSHが高い>

25mIU/ml以上であると排卵誘発が難しいと考えます。

漢方的には、「瘀血(おけつ)=血の巡りが悪い状態」と


「腎虚=生命の源が弱い」がある場合が多く、

丹参製剤や水蛭、補腎剤などを良く用います。

最近では琥珀製剤やタンポポから抽出した糖鎖を使用したお茶

も有効なデータが出ています。

<P4が低い>

8ng/ml以下であれば黄体機能不全が疑われます。

漢方的には「腎陽虚=腎の温める物質の不足」


である可能性が高く、補腎剤の適用となる場合が多いです。



今回は、検査値と漢方の関係に触れてみましたが、

不妊治療の場合、非常に幅広い情報から、

対処法を検討します。

よって人それぞれ、適したお薬が変わります。

ぜひ一度相談してみて下さい。

2018年5月3日木曜日

ゴールデンウィークです。ショウキt-1について。


ゴールデンウイークですね。

お出かけするには最高のお天気ですね。(九州地方)

三潴薬品はゴールデンウィークも営業中です。

5月6日(日)のみ漢方相談はお休みです。

営業はしております。

よろしくお願いいたします。



4月はバタバタしており、ブログの更新もしてませんでした。

子宝の新規ご相談が多く入り、様々な方とお話をさせていた

だきました。

皆様に新しい命との出会いがありますことを

お祈り申し上げます。



今回は、子宝相談でもご紹介させていただいております

「ショウキT-1」について

メーカー様のご報告がありましたので、掲載いたします。

不透明なデータの多い健康食品の中でも

有効性を示す確かなデータが売りの「ショウキt-1」

ご参考になれば幸いです。




日本最高峰の不妊治療クリニックご協力のもと、432人分の患者様

のデータを取る事ができました!

通常40〜42歳の妊娠率は平均約「5%」ですが、たんぽぽ茶「ショウキT-1」を

飲用していると妊娠率が「14%」と跳ね上がっています。

また43歳以上の妊娠率は「1%」ですが、飲用していると「12%」に

跳ね上がっています。

低温期(生理期も含む)に毎日4包高温期に毎日2包(一カ月平均毎日3包)を、

飲用した結果です!




2018年3月27日火曜日

桜がキレイに咲いていますね。今月は妊娠、出産の報告が多い月でした。


もうすぐ新しい年度がやってきますね。

新しい生活を迎える方も多いのではないのでしょうか。

散歩をしていると、桜が満開のところも多く目の保養になります。

春は、妊娠のチャンスとは言いますが、

今月は、子宝漢方にチャレンジされている方から妊娠のご報告を

多く受けました。



同時に生まれた赤ちゃんを見せていただいて

本当によかったと心から思いました。



その中から、子宝漢方体験例をひとつ


37歳の方 人工授精を5回。体外受精を1回していましたが、

授かりませんでしたので、当店にいらっしゃいました。

ヒューナーテストも卵管造影も異常はありませんでしたが

病院から体外受精をすすめられたそうです。

2回目の体外受精の前に今度こそは成功しようと思い

漢方で妊娠しやすい体作りを頑張る事にしました。

基礎体温表では排卵期の上昇が遅く、低温期と高温期の温度差が

小さく高温期の持続が短めでした。

1度目の体外受精では受精卵の分割に不具合があったそうです。

3ヶ月、漢方薬で体の準備をして2度目の体外に挑戦しましたが、

採卵予定日の前に排卵している事がわかり採卵は中止になって

しまい、大変落ちこまれました。

病院では次の体外の予定を2ヶ月後に決められました。

少し間が短いかなとは思いましたが、前回のホルモン剤の影響を

少なくする漢方薬も使いながら、再度準備に取り掛かり、めでたく

妊娠反応がプラスになりました。

妊娠中は流産防止に努め、つわりが治まってからはヨガなどにも

通い、元気に過ごされ無事ご出産なさいました。

ご夫婦で支えあいながら、頑張られたことが実を結んだと思います。

本当におめでとうございます。


使用した漢方薬(ショウキt-1、参茸補血丸など5種類)


2018年2月20日火曜日

少しずつ暖かくなってきました。出生前診断について。

2月も下旬となり、春が近づいてきました。

気温も少しづつ暖かくなっているのを実感します。

今回は、尋ねられることも多い、「出生前診断」についてです。

あと、話題の「着床前診断(PGS)」にも触れます。



★出生前診断について


 ○全国71施設で実施
 ○2013年4月から診断が開始されて3年間で30, 000人が受診
 ○21番の染色体が多いダウン症
 ○13番の染色体が多い重度の知的障害
 ○18番の染色体が多い重度の心疾患
 ○94%が人工中絶を選ぶ

 今後も出生前診断は話題になるかも知れません 。


★着床前診断について

下記の論文は「PGSのメリットとは?」


という内容でNCBI(米国国立医学図書館、国立衛生研究所)から

発表された論文です。

2010〜2014年に採卵し胚盤胞のPGSを実施した方274名の方で、

凍結融解正常胚移植を実施しました。

これと同一時期に採卵し新鮮胚盤胞移植をした863名の方の妊娠成績

と比較しました。37歳以下の方では、2群間の臨床妊娠率、生産率、

流産率に有意差を認めませんでした。

しかし、38歳以上の方では、非PGS群と比べPGS群で、臨床妊娠率

(単一胚移植で3.86倍、2個胚移植で9.91倍)、生産率(単一胚移植で

8.20倍、2個胚移植で8.67倍)は有意に高くなっていました。

ただし、流産率は2群間で有意差を認めませんでした。

また、採卵周期あたりで集計すると、38歳以上の方でみられた

これらの有意差は消失しました。


PGSはday 3のFISH法から始まりましたが、妊娠率の改善は

みられませんでした。

これは、胚の割球のモザイクの存在(それぞれの割球が異なる

染色体パターンとなる)と侵襲性(胚へのダメージ)のためと考えられます。

次に、day 5〜7の胚盤胞のCGH法が実施されるようになり、

現在はNGS法になりました。

PGSは、高齢の女性や流産を繰り返す方にメリットがあるのでは

ないかと考えられています。

正常胚を移植するため、妊娠率は増加し、流産率が減少しますが、

PGSによるデメリットとして、コスト増加や侵襲性(胚へのダメージ)

が考えられます。

PGSの有効性の検討には、適切な対照群が必要ですが、これまで

十分検討されていませんでした。

本論文は、凍結融解正常胚移植と新鮮胚盤胞移植の妊娠成績を

比較したものであり、


38歳以上の方ではPGSの有効性が認められますが、37歳以下での

有効性は認められなかった

ことを示しています。

採卵周期あたりで集計すると、これらの有意差が消失しますが、

これは1回の採卵ですべての胚を移植すると結局全ての胚を

検査したことになるためです。

つまり、1回の採卵で取れたものの中には当たりの数が

決まっているわけで、それを先に移植できるのが

PGSの強みであることになります。


※着床前診断(PGS)は、できるクリニック数が限られており

 まだ誰でもというわけではないようです。

今回も徳潤様からの資料を引用させていただきました。