2019年11月23日土曜日

キャッシュレスポイント還元制度のご案内。

増税前後のゴタゴタも少し落ち着いた感じがします。

出遅れておりますが、


「キャッシュレスポイント還元制度」


が三潴薬品でもご利用できます。



使えるカードは11月23日現在で


「VISA」「MASTER」「JCB(モデルクレジットカードのみ)」


わかりづらいのですが、JCBに関してはいまのところ

モデルクレジットカードのみ対応となります。


他のカードは現在、認可待ちです。


カードをお持ちの方は、ご活用ください。



2019年10月8日火曜日

10月になりました。気圧病が多いです。

10月にはいりました。

再び大型台風が近づいているようで
注意が必要ですね。


台風のせいか、気圧の変化で身体の不調を
訴える方が多いです。

代表的なのは「頭痛」です。
重だるい感じの痛みが特徴的です。
(人により痛みの感じ方は違いますが。)

気圧の変化で脳の血管がいつもと違う感じに
なるのが原因だそうです。
※低気圧になると血管がゆるくなります。
      ⇓
 血管がゆるくなっても流れる血量は変わらない
      ⇓
 重力の影響で血液が下半身に集まる
      ⇓
 頭に血がいかなくなり、頭痛やめまいが起こる
 (下半身は血量が増えるため「むくみ」ます)
  

症状を楽にする方法は

お風呂にゆっくりつかると、水圧で
血管が正常になるので楽になります。


漢方でも調節できますのでご相談ください。

2019年9月11日水曜日

出産のご報告の際に体験例もいただきました。

ご本人様の許可をいただいて掲載しました。

35才のお客様

以前より漢方を2年間服用されており、ご主人様の転勤で引っ越して

来られた方でした。

結婚5年目、2年前より病院で不妊治療。

体外受精での治療をされていました。

内膜症があり手術を受けてます。

その後月経痛は和らいだようです。

チョコレート嚢腫は小さく病院の先生は問題なしと判断されたそうです。
 
基礎体温は高温期に上がるまで日数をようし、持続しない。

チョコレート嚢腫もあることを考慮して漢方をおすすめしました。

血の巡りをよくするものと腎陽という温める力の源をサポートする漢方

の二種類を服用していただきました。

2か月服用後、高温期が13日間持続し、その翌月に妊娠されました

今年7月に元気な女の子を出産されました。

おめでとうございます。

増税後の価格について。

9月になりましたが、暑い日が続いております。

夏の疲れが出やすい時期です。

「麦味参顆粒」や「清暑益気湯」などの漢方薬が

活躍できる時期です。ご相談ください。

身体がすっきりします。



☆当店の増税後の価格について。


 軽減税率対象商品

    健康食品(ショウキT-1やコラーゲンなど)
    清涼飲料水(正官庄ロイヤル、OS-1など)

    は増税後も8%のままです。

    その他の漢方薬や化粧品は10%になります。

    よろしくお願いいたします。

※増税前キャンペーン

  9月25日まで

  ポイント3倍を実施しております。

 

2019年9月1日日曜日

9月になりました。増税前の最後の月です。生理の量について。

あっというまに、9月です。

今年の夏は、水害が多く大変でした。

冠水の影響が、当店の周りでも少なからずありました。

被害に遭われた方には、お見舞い申し上げます。


今回は、妊娠する上で欠かせない生理量について。


妊娠ご希望の方で、よくある心配事の一つに


「生理の量が減ってきている」 というお悩みがあります。


年齢が上がってくると、生理量も減る方は多いです。


「内膜の状態が悪いのでは?」 と心配でよく尋ねられます。


専門家を含めいろいろと聞いたところ


生理量と内膜の厚さはそこまで、関係ないようです。


体外受精で移植をするのに

「内膜の厚さは十分です」

と言われても生理量が少なかったりします。

3日くらいで生理が終わるという方でも

妊娠する方は多いですので

生理量はあんまり気にしなくても良いと思います。


ただ、しっかり血が出ていると安心はしますよね。

考え方としては


血の量を増やすことを目安にするのでなく

内膜の質を良くするように考えて頂くと

よいかもしれません。

「生理痛が無くなった」「経血の色が鮮やかになった」

などは状態がよくなっている証拠だと思います。

漢方は当帰や鹿茸が入った漢方をおすすめしてます。

2019年8月14日水曜日

大きい台風がきているようです。

お盆は、いかがお過ごしでしょうか。

三潴薬品でも、普段見慣れない帰省されたお客様が
多く見えられました。

お孫さんのアレルギーの薬や目薬などをよく買いに
見えられます。


今日から明日にかけ、大型の台風が来ているようなので
用心したいですね。
Uターン移動は今日のほうがよいかもしれません。


お盆明けは「子宝相談」のご予約が多くなります。
なるべく、お電話入れていただけますと助かります。


先日、42歳の方の妊娠報告をいただきました。
初産とのことで少し心配ですが、元気な赤ちゃんと
出会えますことをお祈り申し上げます。

40歳を超えての妊娠出産は、困難なことが多いの
ですが、漢方薬と西洋医学的なアプローチを施すことで
うまくいくケースが多々あります。
ご相談ください。






2019年7月29日月曜日

近頃、2人目不妊の方が多いです。

梅雨が明け、ものすごく暑くなってきました。

身体のだるさも、パワーアップしますね。



身体のほてりが強いときは、「五苓黄解」という
ドリンクがおすすめです。
1本飲むとスッキリします。

だるさが強く汗をかくときは「麦味参顆粒」
がおすすめです。SNSでも話題で最近は
若い方からの問い合わせが多いです。


ここ数日、2人目不妊のご相談が立て続けにありました。


2人目不妊の方は、「血虚」(血が不足している状態)が、
すすんでしまっている方が多いです。

もともと血虚気味であったところに、運よく一人目が来てくれて、

出産 を迎えるわけですが

出産 は 出血があり、その後、授乳 と 寝不足 が続きます。

血が回復する間もなく 子育て に追われていきます。



1人目の子育てが少し落ち着いたころには血の不足が進行しています。

「産む」となると、血の力が無いと産み出せません。

2人目不妊の方は、血の力が落ちていることが多いので

漢方薬は、「補血薬」と言って、血を補うものが必要です。

血液のサイクルである4ヶ月間飲むと内膜の質が変わってきます。

「前より疲れなくなってきた」とお話中に聞くようになると

2人目も近い感じがします。

やはり、疲れている身体には、赤ちゃんも遠くなります。


「生む力」をつけるためにも血の補充はかかせません。


※ここでの「血」は東洋医学の考えのものです。