2019年7月10日水曜日

雨が続きますね。ストレスと不妊の関係。とDHEAについて

7月に入り、雨が続いていますね。

先日、「赤ちゃんが生まれました。」のご報告を

うけました。妊娠中インフルエンザになったにも

かかわらず、約3000gの元気な赤ちゃんでした。

おめでたいですね。


今回は「高齢不妊」との関わり合いが深いものについてです。 


不妊治療中は、ストレスが多いです。

ストレスが多くなると「コルチゾール」が増えます


コルチゾール」が増えると 脳の海馬 の破壊が 進み、
うつ や 記憶低下 が起きて 不眠 になり、コルチゾール
さらに増えると言う悪循環が起きてきます



コルチゾールが高いと、卵巣も攻撃され機能が低下します


そのストレスに対する 抗ストレスホルモン の一つに
DHEA」があります。



この「DHEA」がうまく働くとよいのですが
不妊治療をしている方は、「DHEA」は低い傾向にあります。
だから悪循環が起きやすいのです。



DHEA」を増やすには?


① 運動

 くよくよしたら、まず歩いてみましょう。
 体操するのもよいですね。 


② 睡眠

 夜遅くまで起きている方が多いので早寝を意識してみましょう。


<補足>
  東洋医学の臓器時間では、
  夜の11時〜1時の間は、「腎」の時間と言われています
 「腎」は、東洋医学では、西洋医学で言っている働きと捉え方が
  少し違っていて、ホルモン分泌や自律神経、カルシウム代謝を含め、
  脳、脊髄までの生命を司る臓器と言われています。
  この時間に「腎」を休めるとホルモン分泌も活発になると言われています。



 ホルモン状態が悪いと言われている方、卵胞が育たない方 
 
早寝がおすすめですよ。
 難しいご家庭も多いようですが、可能であればぜひ!
 

③ 朝食

 朝食を食べるとコルチゾールが減る。

 夜、早目に寝て、朝はきちんと食べる、というリズムが大事です。



<補足>
 DHEAは、海外サプリでよく売られていますが、個人ではあまり
 手を出さないほうがよいようですよ。(粗悪品が多いため)
 不妊クリニックで出されるものは安心できます。

2019年6月24日月曜日

暑い日が続きますね。漢方の服用期間の目安について

毎日、暑い日がつづきます。

5月6月7月は、体調を崩される方が多く見えられます。

「血圧が高くなった」

「めまいがして起き上がれない」

「だるさがとれない」

「お腹がなんとなくおかしい」


などのお悩みが多いです。


よく「漢方は長く飲まなくてはいけないから嫌」

という言葉を聞きます。


漢方でも長く飲む体質改善の薬と風邪薬などの

1回のむと治る薬があります。


上の一時的なお悩みでしたら

3~14日ほどで症状が緩和されます。


お悩みの方はぜひご相談ください。

2019年6月6日木曜日

暑くなると、不正性器出血 の相談が増えます。

連日の暑さと湿度で体調がおかしくなる方が多いです。

それは、婦人科のお悩みも変わらず

生理がおかしくなる人、夏にけっこう増えるんです。

・生理がだらだら続いている人

・いつも無いのに、排卵頃出血した人

・生理前に茶色いオリモノが出た人

・生理がいつもより早くきた

夏に多い症状です

夏は、汗をたくさんかくので、

身体の気も汗と一緒に漏れ出てしまいます。

そうすると、もともと、

気虚(疲れやすい)タイプ、


脾虚(食事がおいしく食べれない、下痢便秘を繰り返す)


タイプの人は、


夏に不正出血が起きやすくなるのです。


身体の中で血を保つ力が落ちると「崩漏(ほうろう)」と言って、

血が漏れ出る症状が起きてしまうのです。


止血剤やホルモン剤ではなく、

漢方薬で血を補ってあげたり(婦宝当帰膠)、

血をコントロールするもの(心脾顆粒)などを

飲むと改善することが多いです。


ご相談ください

2019年6月5日水曜日

暑い日が続きます。基礎体温が高い方のご相談。



6月に入り、いっそう暑くなった気がします。

今年も猛暑の予感がします。

今回は妊娠報告をしていただいた方のお話です。



34歳の方の子宝のご相談です。



高温期は37℃を超え、低温期も36.6℃よりも下がらない。

基礎体温が高めの方です。


漢方のわかりやすい例え話で


「熱すぎるお鍋に水を増やして、熱さの勢いをちょっと弱くする」


というものがあります。


基礎体温が低めのかた、
これは高温期が36・7℃を超えないかたの場合には、
温める漢方飲むと、反応がよく整ってきますが、


基礎体温が高めのかたが
下がるには時間がかかります。


じっくりと粘り強く体質改善が必要です。


世間では温活が流行っていますが、妊活の場合には違うこともあります。
体質を見極めることが大事です。

食事では「潤う食材」がおすすめです。
(わかりやすい食べ物では梨や山芋)


この相談の方は、基礎体温の温度がうまく下がり
妊娠に結びつきました。


※30代後半から40代の方や、病院の治療を受けた後は
 体温はあがってきてしまうので、調節は難しいです。
ケースバイケースの対応をしています。

※中には、高温期37℃以上が適温という方もいます。



2019年5月20日月曜日

AMHが低いと言われた方の妊娠報告を受けました。

ここ最近、気温が高く夏のようでね。
虫さされや、胃腸病でよく来店されます。

先日も妊娠報告がありました。

AMHが1.0以下でお悩みの方でした。

40歳で結婚2年目。

血小板血症のため新薬を服用。

人工受精をされていましたが

採卵ができず、3回目をされる前に

来店されました。

ショウキt-1と漢方薬を2種類

血の道の漢方と補腎の漢方を

飲んでいただきました。

温灸をおすすめしたらされるということで

妊娠三穴と耳を中心にしていただきました。

服用開始して1個か2個採卵ができて

喜ばれていました。

5回目のときに無事に妊娠にいたり

現在12週を迎えられます。

AMHが低いから妊娠できないとお悩みの方の

希望につながる報告でした。

おめでとうございます。

2019年5月16日木曜日

「子宮内膜が薄いと言われた。」というお悩みをよく伺います。漢方薬と新技術「PRP」

久しぶりの投稿です。

「令和」になり、当店の年1回の風船割も終わり

一段落いたしました。


「令和」に入り出産報告を3組も受けました。
おめでとうございます。



子宝相談で多いものの一つに「子宮内膜が薄い。」
と病院で言われたというものです。

ホルモン剤を投与してもなかなか改善しない方が
多いようです。



漢方薬では、子宮内の良い血をつくる「当帰」
がたくさん入った
「婦宝当帰膠」をよく使います。

プラスで卵胞ホルモンを増やす手助けをする
漢方を使うと結果が出やすくなります。



病院での新技術としては、血液の中の血小板を子宮内膜へ
移植させる技術が認証前ですが注目を集めています。

「ERP」や「PRP」と言われる技術なのですが病院での実用化
は秋ごろになるようです。


参考までに
子宮内膜が7mm以下の場合の妊娠率2%

「PRP」施術後
0.7mmアップ→→→妊娠率はなんと9%にアップするそうです。



2019年5月3日金曜日

イベントのお知らせ。

『令和』になりました。

『令和』でもよろしくお願い申し上げます。



三潴薬品では年に1回の風船割を行っております。

3000円お買上ごとに1回風船割ができます。

中から100円~500円までの当店のみで使用できる金券が

出てきます。

この機会にお買い物されますとお得です。


5月10日 まで開催中です。



★漢方相談お休みのお知らせ★
 
GWで1日だけお休みをいただきました。

   5月5日

※お店は空いてます。


よろしくお願いいたします。